☆ お引越しの準備は万全ですか? ☆

その1

引っ越そう!と思ったら、まず今契約しているお部屋の契約書を見てください。
その契約書の中には、「本契約を解除するときには○ヶ月前に通知してください」という言葉が必ずあります。普通のお部屋だったら「1〜2ヶ月前」、店舗・事務所のような事業用の場合に「3〜6ヶ月前」が通常です。これを守らないと、今の家賃とこれからの家賃を二重に支払う期間ができてしまいます。気をつけましょう。

その2

引越しの日が決まったら、電気・ガス・水道そして電話、それぞれの会社に「引越しの日」と「移転先(これからお住まいになるところ)」を連絡しましょう。これを怠るといつまでもあなた宛に公共料金の請求が発生してしまいます。

その3

いよいよ引越しです。引越しの荷物が極端に少ないのであれば自分で行うことも可能です。しかし、それなりの家財道具があるときには、引越業者に頼むのが賢明でしょう。たまに「友達が手伝ってくれるから大丈夫!」という方がおりますが、お友達の食事代・交通費・御礼などを考えると結果的に業者に頼んだほうが安上がりだったというケースが多いみたいです。

その4

引越業者への確認としては、タンスの中のものはそのままでいいのか?それとも全部出してダンボールにつめるのか?などです。これは業者によってさまざまですので、確認をしましょう。